Top >  生命の水 >  体内含まれている水分の働き

スポンサードリンク

体内含まれている水分の働き

私たちの体内には多量の水分が含まれています。
では半分以上が水分でできている私たちの体ですが、その水分はいったいどのような働きをしているのでしょうか。
細胞内液といわれ胃・腸・肝臓をはじめとする諸器官の細胞の働きを助ける作用と、細胞外液といわれ血液、消化液、髄液、胆汁、分泌液などを構成する働きがあり、ともに生命活動を支えています。
細胞内液・細胞外液の比率は約半々。
体液は古いものから新しいものへ絶えず入れ替わっていくのです。
この水には大事な役割があり、栄養素を溶かし込み、体の隅々まで運ぶこと。
そしてもうひとつは体温の調節です。
暑いときには汗をかきます。それは、体内の水分を皮膚から蒸発させて体温を下げるために行っているのです。もし汗をかかなければ、気温の上昇とともに体温も上昇し続ける、という大変なことになるのです!
暑さや寒さによって私たちの体温が変化しないように、一定に保つ働きを担っているのです。

 <  前の記事 水分補給のタイミング?  |  トップページ  |  次の記事 水の種類とその働き  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「生命の水とサプリメント」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。