Top >  生命の水 >  水の種類とその働き

スポンサードリンク

水の種類とその働き

私たちは、普段何気なく水分を摂取していると思います。しかし、どのような水を飲むかによって、水の大事な役割である「体内での運ぶチカラ」にも差が出てくるのです。
水は実に有益な働きをし、また種類もさまざまなのです。気になる体内のサビ(酸化)さえも、水によって左右されるくらいなのです。
例えば、同じ水道水でも酸化された状態のものをそのまま飲めば、体内の酸化に拍車がかかってしまいますが、高い還元力を持った水なら、酸化に抵抗する働きをもっています。
同じ飲むなら、安心でおいしい水を飲みたいですよね。最近では、体に有用な水が開発され、海洋深層水に水質の安定したミネラル豊富な山の水をブレンドしたもの、またイオン化することによりミネラルを吸収しやすくし、還元力を高めたものなどが開発されているのです。
体の隅々まで栄養を運ぶためにも、良質な水を長く飲み続ける習慣をつけるようにしましょう。

 <  前の記事 体内含まれている水分の働き  |  トップページ

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「生命の水とサプリメント」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。