Top >  おいしい水 >  水道水と浄水器のリスク

スポンサードリンク

水道水と浄水器のリスク

日本の水道水が「くさい・まずい」といわれるようになった理由について考えてみましょう。
まず工場排水や家庭排水、農薬などによって水そのものの汚染が進んだ地域があります。
そういった地域では、消毒や殺菌が必要となるため、多量の塩素を使用します。
まずこれが、塩素臭の強いまずい水の原因になるのです。またカルキ臭ということばを聞いたことがあるかと思いますが、これは水道水に残留する塩素の臭いです。
また夏場などに多いのが、カビ臭さ。
ダムなどのプランクトンが繁殖することにより、起こりやすくなるものです。
また水質に悪影響を与えるものとしては、臭いだけでなく、ビル・マンションの貯水タンクや配水管の管理状態による水サビや濁りなどです。
このようなリスクは誰もが気になることから、浄水器を活用する家庭が増えているのです。
しかし浄水器にも欠点があります。
塩素やカビ臭さなどを除去すると同時に、有用なミネラル分まで除去してしまうのです。
またカートリッジや浄水器本体の衛生管理を怠ると、殺菌やカビの温床にもなるのです。浄水器を使用する際には、じゅうぶんな注意が必要ですね。

 <  前の記事 おいしい水を選ぶポイント  |  トップページ  |  次の記事 おいしい水「自然水」  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「生命の水とサプリメント」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。