Top >  おいしい水 >  おいしい水「自然水」

スポンサードリンク

おいしい水「自然水」

最近では、おいしいかつ安全な水として「自然水」が求められる時代になってきています。
では、おいしい水とはどのような水のことをいうのでしょうか?
カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・などミネラル類が適度に含まれていて、水の温度が20度以下であること。
また二酸化炭素が含まれていること、などがあげられます。
ミネラル類が何も含まれていない「純水」は、おいしい水とは感じられません。
おいしい水を飲むということは、適度なミネラルを補うことにもなるのです。
ミネラルは、私たちの健康には欠かせない大事な栄養素なのです。
また水には軟水と硬水がありますが、ミネラル含有量が少ないものが軟水、多いものが硬水というふうに、これらはミネラルの含有量によって決められています。
これらは水に味を決める要素にもなっていて、水に含まれているカルシウム・マグネシウムの量で算出されています。
現在、さまざまな種類の自然水が市販されています。
複数の水源地の水をブレンドしたもの、海洋深層水と地下水をブレンドしたものなど。
飲んでおいしい、安全で健康な「自然水」を見つけてください。

 <  前の記事 水道水と浄水器のリスク  |  トップページ  |  次の記事 サプリメントと効用  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「生命の水とサプリメント」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。