Top >  サプリメント >  サプリメントと効用

スポンサードリンク

サプリメントと効用

もともとサプリメントは、「食事で補えない栄養素を補充する」という目的により欧米で開発されました。
またサプリメントの先進国ともいえるアメリカでは、サプリメントを活用した「栄養治療」という分野がしっかりと確立されています。
アメリカの主婦の73%、イギリスのビジネスマンの80%、アメリカのスポーツを行っている人の92%がサプリメントを愛用しています。
この数字からもわかるように、サプリメントを薬としてではなく、あくまでも日常の食事の一部として摂取しているのです。
しかし日本ではどうでしょうか? 
長いあいだ医師や薬剤師は、ビタミンを含め薬剤として処方してきました。
そのため、サプリメントを薬のように考える人は少なくないようです。
食べ物の中に含まれている、人間が生きていくために必要な栄養素群であり、サプリメントは薬ではありません。現代人が栄養面において、いかにアンバンランスな食生活を送っているのかということを、私たちは真剣に考える必要がありそうです。

 <  前の記事 おいしい水「自然水」  |  トップページ  |  次の記事 サプリメントと副作用  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「生命の水とサプリメント」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。