Top >  サプリメント >  サプリメントと副作用

スポンサードリンク

サプリメントと副作用

サプリメントは、日常の食事と同じ食べ物のひとつとして考えられています。
科学合成されたものではなく、植物などに含有される天然由来物質が主な成分であり、原則的に副作用はありません。
食べやすい錠剤やカプセルに形を変え、その中に人参やカボチャなどの野菜の栄養素を凝縮しています。
ちなみに薬とは、合成化学物質・漢方薬・酵素(ホルモン)などのことをいいます。
また、ハーブは漢方薬と同様に考えられています。
ただ、サプリメントにもひとつ疑問があります。
それは必要栄養素は個人差があるのに、どうしてサプリメントは飲む量が一定なのでしょうか?
「1日○○を目安にお召し上がりください」と市販のサプリメントのパッケージには説明が記されています。
これはサプリメントが食品であることを表しているからなのです。
食品だと摂取する量が変更できますよね。
しかし、体に出てきた不都合を除去するための目的として使われている薬は、サプリメントとは違い「毒をもって毒を制す」ために必要悪を体に取り入れるのです。
とうぜん副作用が起こってしまいます。
それに比べサプリメントは、食品から出来ているものです。
ですので、摂取方法や食べ合わせを間違えない限りは、過剰摂取による副作用も起こらないというわけです。

 <  前の記事 サプリメントと効用  |  トップページ  |  次の記事 サプリメントの正しい摂取法  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「生命の水とサプリメント」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。