Top >  コエンザイムQ10 >  コエンザイムQ10研究

スポンサードリンク

コエンザイムQ10研究

世界中の研究者により、多くの研究が行われてきたコエンザイムQ10は、1957年ウィスコンシン大学のF・L・クレーン教授により発見されました。
1978年には、ピーター・ミッチェルがミトコンドリアのエネルギー変換におけるコエンザイムQ10の役割について研究し、ノーベル賞を受賞しています。
細胞内にあるミトコンドリアでは、人間が生きていく上で必要なエネルギーの約95%が生成されているといわれていますが、このミトコンドリアに含まれているコエンザイムQ10は、エネルギー生産に重要な役割を果たしています。
コエンザイムQ10が、医薬品として使われ始めたのが約30年前。
特に心臓に多く存在することから、これが欠乏すると心臓機能に影響が出やすいといわれ、「うっ血性心不全」として利用されているのです。
コエンザイムQ10の学名は「ユビキノン」と呼ばれています。
人間のすべての細胞膜に存在するビタミン様物質なのです。
10年以上前から、アメリカではサプリメントとして販売されていました。
2001年に食薬区分が見直されたことから、日本でもサプリメントとして販売されるようになりました。
皮膚の奥の真皮にあるコラーゲンなどの繊維が古くなった結果、老化による深いシワが増えるのですが、コエンザイムQ10は、抗酸化力と細胞のエネルギー生産を高めるため、真皮でのコラーゲン造成も促進するのです。
これを女性が見逃すはずはなく、最近ではコスメ商品としても注目を集めています。

 <  前の記事 コエンザイムQ10と摂取法  |  トップページ  |  次の記事 健康を維持する水分  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「生命の水とサプリメント」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。